GuildartsBlog

アンティーク家具ショップGuildArtsのBlog

blog GuildArts Info&Diary interior products

あの伝説の・・・

2016/09/17

 

GuildArtsの片隅に
そっとたてかけられたこちら・・・

excalibur

ときどき目を輝かせてご覧になる
お客様もいらっしゃいます。
なんだと思われます?

なんとあのFFでもおなじみ
『エクスカリバー』なのです!!


(ギルガメッシュのは
エクスカリパー、偽物ですw)

なんですとご存知ない?
ではお話いたしましょう…
( ー`дー´)b

アーサー王の伝説

ブリテン王ウーサーの実子ながら
その事実を知らされぬまま
魔術師マーリンに育てられたアーサー。
アーサーが15歳になった頃ブリテン王は
死の危機に瀕し、
ブリテンは次期王選出の必要に迫られる。

ちょうどその頃クリスマスの日、
カンタベリー大寺院の庭に不思議な
台座が出現する。
その台座には一本の剣が刺さっており,
「この剣を抜いた者は全イングランドの
正当な王である」
との文字があった。
何人もの騎士達が剣を抜こうとしたが,
誰一人としてその剣を引き抜くことは
できなかった。

…が、ある日その剣を偶然見つけたアーサーは
いとも簡単に台座から引き抜いてしまう。

そしてアーサーはブリテンの王となった。

その後続く各国との戦いの中で、
アーサー王はその剣を折ってしまう。
魔術師マーリンに導かれある湖畔へと赴くアーサー、
すると湖から手が伸びその手には一本の輝く剣が!!

湖

さらに時は流れ
アーサーの遠征に続く遠征により
その王国は巨大なものとなった。

そしてちょうどその頃、
各国の臣下を集め王に仕える精鋭部隊が結成される。
かの有名な『円卓の騎士』である。

ところが円卓の騎士のひとり、ランスロットの
アーサーの妃との不義により円卓の騎士は崩壊、
アーサーは息子モルドレッドに国の統治を任せ
ランスロット討伐に向かう。
だがしかしそこでモルドレッドまさかの謀反!
(☼ Д ☼)!!

舞い戻ったアーサーはモルドレッドとの戦いには
勝利したものの深手を負う。

そしてアーサーは妖精の島アヴァロンへと
ひとり姿を消し、
その剣は湖の精のもとへと返され
物語は幕を閉じる。

おしまい。

 

Excalibur

というわけで長くなりましたが。
(そしてかなりはしょりましたが。
この伝説もとは口伝だそうで、
伝承・文献によっていろいろエピソードの
差異があるようです。)

そう、この伝説に登場する
アーサー王の剣こそエクスカリバーなのです!!

excalibur

15歳で台座から引き抜いた剣も
その後湖の精から受け取った剣も
実は同じ剣、エクスカリバーであるという説が
有力なようですね

Caliburn(最初の剣の名)+
ex(鍛え直された的なニュアンス)=Excalibur
だとか。
(こちらも言語学的に諸説ありますがまぁおいといてw)

excalibur

その剣エクスカリバー、
刀身は松明30本にも等しいほどに光り輝く
両刃のバスタードソード、
切れ味は鋼鉄をも切り裂くという。
さらに鞘は持ち主の傷を癒すという
不思議な力を持つ魔法の聖剣…

excalibur

すごい剣ですね!
そんな剣が眠っているのです
GuildArtsには!!✨

残念ながら聖剣ゆえ
(※社長への誕生日プレゼントゆえ)
お譲りすることはできかねますが・・・
一見の価値ありですね!!!
✨✨(ↀДↀ)✨✨ww

ときどき天日干し☀️w

 

The following two tabs change content below.

GuildArts Official Site

バナー2

-blog, GuildArts Info&Diary, interior products
-, , , , , , , ,

おすすめ記事